So-net無料ブログ作成

政府統計、23業務を廃止=335を240に統合−総務省素案(時事通信)

 総務省は12日までに、政府が行う335の統計調査のうち23を廃止するなどして240に整理する事務レベルの見直し案を固めた。複数の府省で似たような事項を調査する非効率な実態を改め、国家公務員の総人件費抑制につなげることが狙い。見直しを指示した渡辺周総務副大臣は統計数の半減目標を掲げており、政治主導でさらなる統廃合を目指すことになりそうだ。
 政府の統計調査は今年4月現在335。人事院と10府省が行っており、調査を本務とする職員は約3900人いる。見直し案では23統計を廃止するほか、98の統計を26に統合。残る214は「現状通り」としている。
 廃止して類似の行政情報の活用に代える23統計は▽ホームレスの生活実態調査(厚生労働省)▽外食産業基本調査(農林水産省)▽家庭電気製品の量販店販売統計調査(経済産業省)−など。 

【関連ニュース】
政府統計、23業務を廃止=335を240に統合
ホームレス並ばせダフ屋行為=宝塚チケット、容疑で5人逮捕
公務員法修正案を提出=公明
増額分、全額現金は見送り=子ども手当
国会議員半減で地方分権を=選挙協力は否定

自動車火災 軍手、鳥の巣 意外な火元(産経新聞)
新青森開業12月4日、最速は「はやぶさ」(読売新聞)
<廃タイル違法処分>弁護士事務所など家宅捜索 岐阜県警(毎日新聞)
<口蹄疫>殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認(毎日新聞)
介護報酬「特養過払い」新たに佐賀・広島で(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。