So-net無料ブログ作成

サーブ機に車輪トラブル=ランプ不点灯、けが人なし−北海道(時事通信)

 9日午後5時半ごろ、函館発新千歳行き北海道エアシステム(HAC)2748便のサーブ340B型機が着陸直前、右後輪が出たことを示すランプが点灯せず、上空で一時待機するトラブルがあった。同機は1時間余り遅れて着陸し、乗客8人と乗員3人にけがはなかった。同社が原因を調べている。
 新千歳空港事務所(北海道千歳市)によると、同機は滑走路上を低空で飛行し、地上から車輪が出ていることを確認したため着陸した。 

【関連ニュース】
松本空港で気圧値発信ミス=旅客機着陸やり直し
操縦免許置き忘れで3便遅延=羽田
強風、大雪に警戒呼び掛け=北・東日本で冬型続く
北・東日本で大雪、強風=交通に影響、警戒を
日本海側中心に大雪、警戒を=鉄道や航空に影響

鳩山政権 09年度予算を検証へ 参院選へアピール?(毎日新聞)
小児専門病院を臓器提供施設に=「5類型」提案−研究班(時事通信)
「成育医療」の医師数、一般病院の1.9倍必要―日医総研(医療介護CBニュース)
エコで長持ち 家庭用LED電球 寿命は白熱電球40個分…売り上げ好調(産経新聞)
スカイマーク 機長の安全判断、社長ら拒否(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。